介護事業のお役に立てる理由(その1

介護保険法と介護事業経営を知っていることが重要

 

介護事業所は、通常の法人とは異なり「介護保険法」や「事業形態の内容」を理解しておかなければなりません。

そのため、社会保険労務士の中でも、「介護保険法と介護事業経営を知っていることが重要」になります。

堀下社会保険労務士事務所は、介護保険法を深く熟知し、また様々な介護事業所さまのサポートやアドバイスを行っております。

数多くの介護事業所の開業にかかわり、許認可の支援、助成金の申請、給与計算、労働社会保険の手続、労務管理に関して数多くの実績を持っています。

介護事業所の実地監査、労働基準監督署の調査などで数多くの事業所を救った実績を持っています。

 

 

介護事業のお役に立てる理由(その2

それは堀下社会保険労務士事務所が、C-SRの会員だからです。

 

堀下社会保険労務士事務所は、C-SR(一般社団法人 介護経営研究会)の会員です。このC-SRでは、

「介護保健法を会員が深く勉強し熟知すること」

「会員が実地にて経験してきたケースを共有し、介護に特化したエキスパートの社会保険労務士となる」

という目的のもと、定期的な勉強会を開催し介護事業所のお役に立てる存在であるべく邁進しております。

一般社団法人介護経営研究会 C-SRのサイトへ